独立系マンション大手のリベレステ(8887)は、埼玉県草加市に本社がある。現社長の河合純二氏が昭和45年に創業した、型枠大工工事業の河合組からスタート。現在は首都圏で分譲マンション「ベルムドゥール」を展開する。福島県の裏磐梯には、リゾートホテル「裏磐梯猫魔ホテル」を所有している。

 社名のリベレステの由来は、環境と顧客のニーズに調和する大河のような企業でありたいとの思いから。河の「river」、不動産の「realestate」、美の「rsthetic」を融合した造語となっている。

 同社の特徴は、他のマンション業者と差別化するために、温泉の源泉を保有しており、その源泉を分譲マンションや分譲住宅に供給している。自宅で温泉を満喫できるのが魅力で同社の物件を選ぶ人も多い。

 今後は、リベレステの「ものづくり」をブランド化。当面は都心・都市中心に事業を特化して、分譲マンション開発事業の拡大強化によって、成長をはかる。

 株主優待は、5月末現在の1株(投資金額11万円程度)保有の株主に、裏磐梯猫魔ホテルの宿泊優待券が1枚もらえる。

 同ホテルは東日本大震災の被災者受け入れのため、7月15日までは通常営業を停止。再開後に同ホテルに宿泊し、被災地である福島にお金を落として、復興に役立てようと思う個人投資家には、おススメか。

 株価をチェックすると、昨年11月から2月にかけて急騰したが、東日本大震災の影響で3月16日に8万500円の安値を付けてから、ほぼ上げ幅の半値戻り水準の10万円を超えたところ。

 予想配当利回りが5・73%と高く、5月末の3000円の配当の権利確定日に向けて、堅調な相場が続きそうだ。

【8887】 リベレステ

      (JASDAQ)

【株価】 10万5400円

   (4月28日、1株単位)

【権利付最終日】5月26日

【株主優待】権利確定5月

裏磐梯猫魔ホテル宿泊優待券

1株以上5株未満 1枚

5株以上10株未満 2枚

10株以上     3枚

ポチっとな
人気ブログランキングへ